自宅でキャビテーション♪

キャビテーション 自宅用

痩身エステの人気メニューのキャビテーション。

 

自己流のケアでは落ちにくい「太もものセルライトや下半身太りにも効果がある!」と注目を集めていますが、こんな意見も目立ちます。

 

  • 体験だけのつもりが、数十万円のコースに入ってしまった
  • 何度も通うのが面倒くさい。時間がかかる

 

「エステに通うとやっぱりいいよ!」という声もあるけれど、勧誘・費用・手間・通う時間などを考えるとどうも気が進まない・・・(;´・ω・)

 

それに、ブヨブヨの二の腕・お腹・おしり・太ももなど、自信がない体型をエステティシャンに見られるのも恥ずかしいですよね。そんなあなたにおすすめなのが、キャビテーションの自宅用です。

 

おうちで手軽に使えて、つらい食事制限や無理な運動をしなくてもOK♪おまけに痩身エステに行かなくても、毎日のリラックスタイムが極上のボディケアの時間になると大人気なんです!

 

最初にキャビテーションのマシンを買ってしまえば、あとはジェルがなくなった時に買うだけ!エステに通うより断然お得ですよ。

 

でも、初めての家庭用のキャビテーション選びって難しいですよね。価格や機能など「効果が高くてお値段も手頃なものがいい!」というあなたは、当サイトのランキングが参考になるはずです(*''▽'')

 

キャビテーションのマシンについての疑問・質問にもお答えしていきますので、これからキャビテーションを購入してホームケアをしていこうと考えている方は必見です!ぜひ参考にしてみてください(^_-)-☆

 

自宅用キャビテーションのおすすめランキング

 

自宅用のキャビテーションマシンは沢山ありますが、本当に売れていて効果があるものだけを厳選しました。私のおすすめ度順に、第1位?3位までランキング形式でご紹介します。

 

ボニックPro
ボニックPro

 

大ヒットEMSマシン『ボニック』が、よりパワーアップしたのを知っていますか?その名も『ボニックPro』です。プロのエステティシャンが監修に携わり、エステの本格的な施術を自宅でも実感できると話題になっています!

 

EMS機能にプラスして、肌を温める「RF」と振動の「キャビテーション」の機能も搭載しているので、効率よく気になる部分を引き締めることができます。手になじみやすいフォルムで防水加工なのも嬉しい!いつでもどこでも手軽に使えて高機能な優秀マシンです。

 

専用ジェルの違いとは?

 

ボニックプロの専用ジェルは2種類あります。香りや使用感、効果などで選ぶと◎1種類じゃないから飽きずに続けられますね。

 

【プレミアムリフトジェル】
ジャスミン/すずらん/洋梨の香りをブレンドしたリフトアップジェルは、保湿成分と引き締め成分が豊富。ヒアルロン酸やコラーゲンだけでなく、ココナッツオイルやアルガンオイル、シアバターで高保湿を実現します。

 

【スキニーホットジェル】
冷えやむくみを感じている人は、温感作用があるこちらがおすすめ。トウガラシや生姜などのポカポカ成分と、植物由来の保湿成分、スーパーフードなども配合。フレッシュベリーの甘い香りも◎

 

 

>>ボニックProの公式サイトはコチラ

 

価格

通常価格:本体 18,000円(税別)ジェル 6,300円(税別)

 

定期購入:
【毎月ジェル1本】
本体価格より約77%OFFでボニックプロが手に入ります。ジェルも通常価格で買うよりお得です。

 

初回 本体 3,980円(税別)+ジェル 5,480円(税別)=9,460円(税別)送料無料
2回目以降 ジェル5,480円(税別)+送料 630円(税別)

 

【毎月ジェル2本】
毎月ジェルを2本届けるコースは、ジェル1本あたりの価格が月1本の時より1,000円お得になります。2回目以降も送料無料なのも嬉しい。たっぷり使う人におすすめです。

 

初回: 本体 3,980円(税別)+ジェル 4,480円(税別)×2本=12,940円(税別)
2回目以降: 8,960円(税別)送料無料

 

※定期購入条件:どちらも3回以上の継続が必須

RFボーテ キャビスパ
RFボーテ キャビスパ

 

体だけでなく顔のケアもしたいという人にはこれ!10分間で本格的なボディケアができるヤーマンのキャビスパ。家電大好き芸能人のチュートリアル徳井さんも推奨しています。

 

1台で3役「RF(ラジオ波)×キャビテーション×EMS」の機能を搭載!防水加工でお風呂場での使用もOKです。キャビスパRFコアEX(公式通販限定モデル)は、上記の機能に加えてバストケアモードも搭載。全身くまなく綺麗を目指すならコアEX も見逃せません!

 

【ボディスムージングゲル】
保湿成分と美容成分、植物由来の引き締め成分などがギュッと凝縮した全身に使えるボディ用の引き締めゲル。

 

【バストプレムアムゲル】
バストにハリとうるおいを与えるゲルで、エイジングケア成分を配合。バストを美しく保つ「プエラリアミリフィカ根エキス」も配合。本格的なバストケアができると評判です。

 

 

>>RFボーテ キャビスパの公式サイトはコチラ

 

 

価格
キャビスパRF

フェイスモードとボディモード搭載のマシン。

 

通常価格:本体 34,000円(税別)送料無料 代引き手数料無料
定期購入:初回 本体+ボディゲル 34,000円(税別)2回目以降 2,610円(税別)送料無料 代引き手数料無料
※定期購入条件:4回以上の継続が必須

 

キャビスパRFコアEX(公式通販限定モデル)

フェイスモードとボディモードに加え「バストモード」も搭載。 EMSの低周波と中周波をミックスしたダブル波機能。

 

通常価格:本体39,800円(税別)送料無料 代引き手数料無料
定期購入:
初回: 本体+ボディゲル+バストゲル 37,000円(税別)
2回目:以降 ボディゲル+バストゲル 6,390円(税別)
※定期購入条件:4回以上の継続が必須

美ルルキャビ
美ルルキャビ

 

1秒間に600万回の振動で、頑固なお肉を揺らし凸凹なボディの改善を目指す『美ルルキャビ』

 

キャビテーション機能・温熱ラジオ熱(RF)・EMS機能に加えて美肌効果に注目が集まっている「赤LEDエステ機能」も搭載! 黒・白・ピンクからお気に入りのカラーを選べるのも魅力的です。防水機能がないので、お風呂では使用できません。

 

>>美ルルキャビの公式サイトはコチラ

 

 

価格

通常価格:本体+ジェル2本 31,780円(税込)

 

定期購入:
初回: 本体+ジェル2本 24,780円(税込)
2回目以降: ジェル 1,780円(税込)+送料540円
※定期購入条件:5回以上の継続が必須

 

キャビテーション 自宅用

ご紹介したキャビテーションマシンは、どれも評判が良く、悪い噂もないので安心です。毎日のお手入れを継続していくことで、沢山の人たちが理想のボディラインを手に入れているんですよ。しかも、どれも4万円以下!

 

「もっと高いと思っていた」という人も納得の安心価格で、これ以上のものを買わされる心配もなし。ボーナスが出た時や、自分へのご褒美として買う女性も( *´艸`)

 

毎日の生活にキャビテーションがあるだけで、ダイエットやスタイル維持のモチベーションもアップしますよね!ぜひ手に入れてみてください(*^^)v

 

続いては、キャビテーションの疑問・質問にお答えしていきます。

 

キャビテーションQ&A

キャビテーション・RF・EMSそれぞれの機能の特徴は?

エステでも導入しているキャビテーション・RF・EMSって言葉は聞くけれど、どんなものなのかなと思ってしまいますよね。それぞれの特徴を見てみましょう。

 

キャビテーション:キャビテーションは超音波で脂肪細胞を揺らして、脂肪細胞の内部に気泡を生じさせて脂肪細胞を破壊するマシンで、破壊された脂肪細胞は数が減少していくので痩身効果が期待できます。

 

RF(ラジオ波):RFは肌を温めるマシンです。高い周波数で肌を温め脂肪を柔らかくほぐす効果があります。脂肪は冷えると固まるので、温めることで分解・排出されやすくなります。

 

EMS:EMSは、電気信号を筋肉に届けるマシンのこと。「つけるだけで腹筋効果があるベルト」がありますが、あれはEMSマシンです。電気のピリピリした振動で筋肉を鍛えて強化するため、基礎代謝が上がり痩せやすい体に。

 

自宅用のキャビテーションはどれくらいで効果が出る?

「自宅用のキャビテーションは効果がない」という声がありますが、そんなことはありません。

 

効果がないと言っている人は、短期間しか使っていなかったり、せっかく買ってもあまり使っていない人の意見がほとんど。効果が出るのには個人差がありますが、使い始めてから2〜3か月で多くの人が効果を実感しています。それに、早い人では1週間くらいで「脚がむくみにくくなった」「太ももが固くて凸凹していたけれど柔らかくなった」という声も!

 

ランキングでご紹介した3つのアイテムはどれもコードレスで充電式なので、旅行先に持っていくことも可能ですよ。

 

キャビテーションを使ってはいけない人はいる?

自宅用のキャビテーションは、エステで導入されているものより周波数が小さく一般の人でも扱いやすいように設定されています。しかし、中にはキャビテーションを使わない方がいい人がいます。例えばこんな人はやめておきましょう。

 

@妊娠中・産後の授乳中のママ
A心臓系の疾患がある
Bお酒を飲んだ後
C生理中や前後
D体調不良の時

 

その他にも、使っている中で吐き気・湿疹などが出た場合も使用を中止しましょう。

 

どのくらいの頻度、時間使うといいの?

マシンは毎日使ってもOKですが、週2〜3回使う人が多いようです。1部位は5〜10分程度の使用時間で、すべてのパーツをケアしても30分以内でケアが完了します。

 

中々時間が取れないという人は、お風呂タイムを活用するのもおすすめです。防水タイプのものでも、入浴剤やバスソルトなどが入っていると機械の故障の原因となりますから、湯船の中よりも体を洗うところで使用する方がいいですね。

 

まとめ

キャビテーション 自宅用

女性の体は年齢とともに変わっていき、脂肪が中々落ちにくくなりますよね。同じように食べていても、運動をしてもあまり体型に変化がないという人は、キャビテーションを日々の生活に取り入れることで、理想のスタイルに近づくことが可能です。

 

1台持っておくと、脂肪を揺らす・温めてほぐし、周辺の筋肉を強化して代謝・排泄がスムーズになります。

 

エステサロンのキャビテーションの施術では「6回以上通ってやっと細くなってきた」という人が多く、費用もかさむ一方。

 

一方、1度買ってしまえばずーっと使える家庭用の美容家電のキャビテーションは初期費用のみで、断然お得です!あなたのおうちにもいかがでしょうか?(^_-)-☆